子持ち主婦お役立ち

子持ち主婦が生活のお役立ち情報をお伝えしています

子供の行事

端午の節句に柏餅を食べる意味。なぜちまきを食べるのか。内祝いには?

投稿日:2018年4月18日 更新日:

 

 

五月五日の子どもの日。

 

端午の節句として

鯉のぼりや五月人形が飾られ

男の子の健やかな成長を祈願する日でもあります。

 

この端午の節句には

桃の節句の

ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、

菱餅に甘酒と言った食べ物のように

食べられているものがあります。

 

「柏餅」と「ちまき」です。

 

今回は

この柏餅やちまきを

端午の節句に食べる意味。

 

また初節句の内祝いに

この柏餅を贈るものなのか。

についてまとめました。

スポンサーリンク

端午の節句に柏餅を食べる意味

端午の節句とは

男の子の健やかな成長を願い、

様々な行事です。

 

五月人形を飾り、

鯉のぼりが泳ぎ、

そして柏餅、ちまきをいただきます。

 

この時期が近づくと

コンビニやスーパーなどにも

柏餅が多く並びますね。

 

なぜ端午の節句に柏餅なのでしょうか?

 

柏餅を食べるようになったのは

江戸時代頃からと言われています。

 

そしてその秘密は

柏餅に使われる柏の葉にあります。

 

柏の木は神の宿る木と言われていて、

柏の葉は

新芽が出てくるまで古い葉は落ちません。

 

つまり、子供が生まれるまで、

次の世代が出てくるまで古い葉はあります。

 

そうしたことから、

葉が絶えてしまうことはない。

 

ということから、

一族が途切れることがない、

子孫繁栄を表す縁起物として

使われるようになりました。

 

江戸時代に年中行事として

広く男の子のお節句が行われるようになってきて

 

男の子のお節句として

跡継ぎの男の子が生まれると

 

その男の子の健やかな成長、

立身出世を願う端午の節句に

一族が繫栄していきますように、と

願って食べられるようになったんです。

スポンサーリンク

端午の節句に柏餅とちまきを食べる

端午の節句に

地域差や親戚内での風習の違いはありますが

 

柏餅と同じように食べられてるのは

「ちまき」ですね。

 

ではなぜちまきも食べるのでしょうか。

 

端午の節句とは

もともと日本にあった田植えの前に女性が身を清める風習と

中国の端午の節句が合わさって

今の端午の節句という行事が行われるようになったのです。

 

ちまきは端午の節句とともに

中国から伝わったものです。

 

その昔、

中国に屈原という詩人でもある政治家がいたのですが

 

その屈原が

謀略を見抜き、王へ進言したけれども受け入れられず

将来に絶望して入水して亡くなったのですが

人望がとてもあったので国民が憂いて

入水した川にお供えとして

ちまきを投げ込みました。

 

その屈原の命日が五月五日であったので

端午の節句とともに

ちまきが伝わりました。

 

また五月は

急に暑くなったりと気候の変化も激しく

病気になったり、亡くなる人も多かったので、

健康祈願のためにちまきを食べられるようになっていきました。

 

ちまきは中国から伝わったものだったんですね。

 

ちなみに柏餅は

日本で生まれた食べ物です。

端午の節句の内祝いに柏餅を贈る

端午の節句は男の子のお節句で

初節句にはお祝いをいただくこともあるでしょう。

 

そうしたら

お返しをすることと思います。

 

内祝いとして

やはり柏餅を贈ることは多いのでしょうか。

 

初節句の時には

お祝いとして

鎧兜、五月人形や鯉のぼりが贈られることが多く

お返しという意味もあり

食事会を開くことも多いです。

 

そのときに内祝いとして贈るものは

お赤飯、紅白のお餅、お酒が

昔から言われている一般的なものですが

端午の節句では

柏餅を添えてもいいですね。

 

ただ、

柏餅は日持ちするものではありません。

 

ですので、

柏餅は当日に食事会に出席した人たちに

内祝いとして贈ることはもちろんいいことです。

 

ただ遠方の方などには

日持ちするようなものを贈ることをおすすめします。

 

今はネットで注文も出来ますので

これらにこだわらずに

相手の年齢や生活スタイルに合わせて

内祝いを贈られます。

 

そのときに端午の節句にちなんだものを

セットで贈られると

端午の節句の初節句の内祝いとしていいですよね。

端午の節句の柏餅についてのまとめ

漠然と五月五日には柏餅を食べる、

という風習があるから

用意して食べることがあったかと思いますが

 

行事の意味を知り

端午の節句を祝うことは

子どもにも説明をしていくことができます。

 

子どもに伝えていきたい行事として

食べ物の意味も知るきっかけになれたら

ありがたいです。

スポンサーリンク


-子供の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お食い初めとは何?時期はいつにする?やり方はどうする?

  子供が産まれると 1歳になるまでには特に 様々なイベントがあります。   細かくいくと 命名をするお七夜、 初めての外でのお祝いごとの お宮参り、 そして、百日のお祝いと言われ …

入園式の時に下の子は預けるか。抱っこひもや服装はどうする?

    子供の初めての晴れの舞台ともいえる入園式。 うれしいようなさみいしいような、でも親として、おめでたい気持ちが大きいですよね。   その入園式の時に下に子供がいると …

三歳の七五三の時の履物。着物だったら?雨の予報の時には・・・?

    七五三は子供のイベントでも 大きな行事の一つで 子供も着物などを着て 神社へ参拝に行ったりするでしょう。   しかし昔とは違い 普段とは違う着なれない服装では 子 …

ひな人形は二人目には必要か。姉妹にはそれぞれ買う?双子の場合は二つ?

  お雛祭りが近づくと、   ひな人形を出したり、 当日はどうしようか考えたり、 季節もあたたかくなっていくのもあって 気持ちもわくわくしてきますね。   ひな人形は そ …

初節句の祝いを甥姪の時にはどうするか。金額の相場や渡す時期。

  赤ちゃんが産まれ、 身内に新しいメンバーが増えると 話題も豊富になりますね。   子供が小さいうちは 行事も多くありますし、 特に1歳までは 「もう次のお祝い!?」と 驚くほど …

自己紹介

名前:もも(90年代音楽が大好きな世代です)

子供三人、夫と五人家族です。

日々イライラばかりなので穏やかに過ごすことを目標にがんばって?います。

ここでは子持ち主婦ももが「こんなこと知りたかった」「これはどうなの?」と言った疑問をまとめていきます。

どうぞよろしくお願いします^^

 

ブログランキングに登録しています♪

読んだら「ヨイネ」していただけると
うれしいです♪


人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。