子持ち主婦お役立ち

子持ち主婦が生活のお役立ち情報をお伝えしています

育児

子供の車酔いを防止する方法。車中で出来ることや対処法について。

投稿日:2018年3月3日 更新日:

 

 

子供と移動をするときには

何かと車は便利です。

 

子連れは荷物も増えますので

移動中の疲れもぐっと楽になりますし、

子供が寝てしまっても

車ならば楽です。

 

ただ、子供と車に乗ると

車酔いをする子もいるでしょう。

 

それは少しの距離であったり、

長距離であったりと

様々でしょうが

子供にとっては苦痛な時間になってしまいますね。

 

出来ることならば、

車酔いをしないようにしてあげたいものです。

 

そこで今回は

子供の車酔いを防ぐ方法と

車酔いの対処法について

まとめました。

スポンサーリンク

子供の車酔いを防止する方法

子供は三半規管が発達してくると

揺れに対して酔いを感じるようになってきます。

 

車酔いなんて

その最たるものですよね。

 

子供の車酔いを防ぐ方法として

車に乗る前と

乗ってから、つまり車中で出来ることと

大きく分けて二つあります。

 

 

まず、乗る前に出来る対策をお伝えします。

 

 

①生活リズムを整えておく。

ちょっとそこまで、というときには

困ってしまうかもしれませんが

あらかじめ予定された乗車の時には

睡眠不足の状態で乗ると

酔いやすくなります。

 

生活リズムを整えて

まずは体の調子を万全にしておくことが大切です。

 

 

②満腹、空腹の状態を避ける。

空腹ですと酔いやすいイメージもあるかもしれませんが

満腹でも吐きやすくなります。

 

腹八分目を意識し、

食後30分経ってから車に乗るようにするといいですね。

 

 

③必要に応じて酔い止めも使う。

薬はちょっと、と思う人もいるかもしれませんが

効果があるのは

子供にとってはとてもありがたいものです。

 

表示はよく30分前、とありますが

少し早めに飲んでおくと安心です。

 

 

④「大丈夫」と思うこと。

薬を使わずに乗る、となると

車を見ると「酔ってしまう・・・」という

トラウマになってしまうこともあります。

 

また、薬を飲んだから大丈夫、という

精神的に落ち着くということもあります。

 

他にもおまじないも有効です。

 

車酔いは精神的なものが大きく左右もするので

「大丈夫」と思えることは

車酔いを防ぐ方法にもなります。

 

うちの子供も車酔いをするのですが

乗る前に「大丈夫、大丈夫」と声をかけるおまじないとともに

酔い止めを飲みます。

 

これで本人たちは

「やれば大丈夫!」と自信を持って車に乗るようになりました。

 

 

乗る前からできる方法で

子供が安心をして

自信を持って車に乗ることが出来ると

酔いを防止したり、

いつもよりもずいぶんと軽くなったりします。

子供の車酔いを防止するために車中で出来ること

乗る前の対策だけで

酔わなくなるほど

車酔いは生易しいものではありません。

 

わたし自身も子供の時からよく車酔いをする

いわば車に酔うエキスパートです。

 

車酔いを防ぐには

乗る前と、

乗ってからの過ごし方が重要になってきます。

 

 

次は車中で出来る車酔い防止策です。

 

 

①車内の温度は低めに設定。

寒い季節は特に暖房を入れますが

暖かくなると気持ち悪くもなりやすくなります。

 

少し車内が温まったら

暖房の温度は低めにしましょう。

 

 

②換気をする。

これも冷えますし、

高速ではなかなか難しいのですが

外の空気を吸うことは

気持ち悪さを解消してくれます。

 

少しの時間でもいいので

こまめに換気をするようにしましょう。

 

 

③遠くの外を見る。

近くを見ていると酔います。

 

車内で本を読むなどは

酔いたいです、と言わんばかりの行動です。

避けましょう。

 

DVDも手元を見る形のものは

本を見るのと同じになるので酔います。

 

天井についているタイプですと

シートによりかかると頭も固定されて

酔いは近くのものを見るよりは軽減しますが

防止にはなりません。

 

遠くの景色を見る、

運転している気持ちで前を見ることがいいです。

 

 

④芳香剤は使わない。

車の匂いが酔う原因だと考えて、

芳香剤を使う人がいますが

匂いは余計に酔いをひどくします。

 

一番は無臭なことです。

 

かんきつ類系は特に吐き気を強めてしまうので

注意しましょう。

 

 

⑤休憩をこまめにとる。

休憩をして、外の空気を吸うだけで

ずいぶんと落ち着きますし、

 

そこでまたリフレッシュをして車に乗ると

長時間乗り続けるよりも

車酔いは防ぐことが出来ます。

 

 

⑥寝られるようであればお昼寝をする。

車の中で起きているよりも寝ている方が

車酔いは減ります。

 

わたし自身、幼いころからよく車で旅行をしましたが

出発は夜中。

 

寝ている時間に出るので車酔いを感じることなく

長距離を移動できました。

 

観光地で遊び倒して

帰りも疲れて寝る時間に長距離の移動をするようにして、

起きたらおうち、という風にしてもらっていました。

 

 

⑦気が紛れることをする。

これはおしゃべりとカラオケがおすすめです。

 

どちらも楽しくなったり、

そこに夢中になるので

精神面が大きくかかわる車酔いには

とても効果的なんです。

 

子供の年齢に合わせて

手遊び、アニメなどの歌を流して歌ったり、

なぞなぞをしてみたり、

この時間がいい機会にもなるので

普段話さないようなじっくり話せる深い話をするのもいいですよ。

 

うちの子供は妖怪ウォッチやポケモン、

ここたまに

妹が好きなので嵐の曲もよく聴いていて

流すとよく歌っています。

 

あと、小学校で流行っていた星野源の恋は

手でダンスも出来るので

長くお気に入りです。

子供の車酔いへの対処法

これだけの対策を講じても

車酔いをしてしまうことはあります。

 

大事なのは

車に酔ってもこうするから大丈夫

⇒こうするから酔わない、

に考えを持っていくことです。

 

始まるのは比較的突然なのに

収まることはなかなかピタッとはいきません。

 

しかし、こうしたら軽くなった、

もし酔っても、吐くなどの症状が出ても

 

こうしたらいい、ということが

わかってくると

車酔いも徐々に軽くなっていきます。

 

そのためにも

車に乗るときには物もしっかりと用意をしておきましょう。

 

 

①ウエットティッシュ

吐いてしまったりしたときに

口や手を拭くのに使います。

 

 

②臭いの漏れない袋

吐いてしまったものを処理するのに

匂いが漏れては

またその匂いで気持ち悪さを誘発します。

匂いの漏れない袋は必須です。

 

 

③ミネラルウォーター

吐いてすっきりもするのですが

口の中はまだ酸っぱさが残っていて

それがまた気持ち悪さを呼びます。

 

口をさっぱりさせるためにも

無味無臭のお水があるといいです。

 

 

④キンキンに冷やしたおしぼり。

暑さ対策にもなるのですが

気持ち悪くなった時に冷たいものを

手や首、口元などにあてると落ち着きます。

 

窓を開けるなどが難しい時には特に

この方法は有効です。

子供の車酔いを防ぐ方法についてのまとめ

子供が車酔いをすると

子供は苦痛で

もう乗りたくない、と思うことでしょう。

 

しかし、防ぐ方法や対処法を知ることで

車に乗る自信もついてきます。

そうしたことを積み重ねていくことで

車酔いも落ち着いていきます。

 

すぐにピタッと、は難しくても

徐々に落ちついていきますように。

スポンサーリンク


-育児
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

絵本の読み聞かせのコツ。寝る前にする?兄弟にするときには。

    絵本の読み聞かせは 最近では教育にいいとか 広く知られていますので 家庭で実践されている人も 多いのではないでしょうか。   家庭でなくとも 図書館や児童館などで …

子供が登園するのに泣くとき。入園してしばらく経ってから?対応について。

    子供が幼稚園や保育園に入園をして 登園するとき、 いざ別れるぞ、というときに 泣く子供はめずらしくありません。   泣き方も 大号泣からしくしくはらはら泣きまで …

子供の日焼け止めの塗り方。虫除けも塗りたいときやいつから塗るか。

    日差しの強くなってくる季節になると 子供の日焼けも気になりますね。   日焼け止めを塗ろうと思っても 子供の日焼け止めは 大人と同じように塗っていいのかも 迷うで …

読書感想文の高学年での書き方。コツを押さえてワークシートも使って仕上げよう

    夏休みの宿題の山場と言えば やはり自由研究と読書感想文ですね。   読書感想文は 高学年になると、   毎年書いてきて慣れているだろう、と 高学年だから …

子供服のお下がりの整理の仕方。収納のコツと処分をする方法。

    近くに先輩ママさんがいたり、 子供よりもちょっと上の子供がいる家があると 回ってくるあるあるなものが 「お下がり」です。   経済的にもありがたくもあるのですが …

自己紹介

名前:もも(90年代音楽が大好きな世代です)

子供三人、夫と五人家族です。

日々イライラばかりなので穏やかに過ごすことを目標にがんばって?います。

ここでは子持ち主婦ももが「こんなこと知りたかった」「これはどうなの?」と言った疑問をまとめていきます。

どうぞよろしくお願いします^^

 

ブログランキングに登録しています♪

読んだら「ヨイネ」していただけると
うれしいです♪


人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。