子持ち主婦お役立ち

子持ち主婦が生活のお役立ち情報をお伝えしています

季節の行事

お中元をやめたいときのやめ方。タイミングやマナーについて。

投稿日:2018年4月26日 更新日:

 

 

お中元やお歳暮と言った

季節の贈り物は

意外と大きな出費になります。

 

結婚して親戚が増えると

贈る数も確実に増えます。

 

仲人さんなどに贈ることもあるでしょうから

親戚だけではありませんしね。

 

しかも親戚も

ほとんど顔を合わせることもないような

付き合いの親戚とのお中元を続けることは

正直・・・やめたい、なんて思いますね。

 

子供などお金もかかっていきますし。

 

そこで今回は

お中元をやめたいときのやめ方として

タイミングやマナーを

お伝えしていきます。

スポンサーリンク

お中元をやめたいときのやめ方

お中元をやめたい、と考えることは

色々な場面で出てくるでしょう。

 

出費としても

結婚をしたら広がる親戚関係に

 

父の日や母の日が二人分ずつ、

誕生日など何かの折に付け贈り物をして、

 

さらにお歳暮やお年賀などもしていたら

たまらないですよね。

 

何より気持ちよく贈ることなんて

出来なくなってしまいます。

 

たった一回しか顔を合わせたことのない親戚や

もうほとんど付き合いのない親戚は

「なんで贈ってるんだろう?」くらい

思ってしまいますもんね。

 

さらには自分も周りも

時が経つと環境が変わっていくものですから

付き合いが変わっていくのも当然のことです。

 

そうしたときのやめ方ですが

次の年、次に贈るときに

お中元を暑中見舞いの挨拶状に代えましょう。

 

そうすることで

スムーズにお中元はやめることが出来ます。

 

感謝の形、暑い季節を健康で乗り切ってください、という

気持ちを伝える形が変わっただけですので

付き合いをバチッと断ち切ることになるわけでもありませんので

その後の付き合いも角が立ちにくいです。

 

他にも

もし会社関係や先生など

親戚ではなく、

今後は付き合いももうないかな、と思われる場合には

一筆を添えて、次の年からはやめる、という形が

スマートです。

スポンサーリンク

お中元をやめるタイミング

お中元をやめるタイミングって

実はとても難しいんですよね。

 

突然やめても

親戚づきあいも関わってくるものなど

今後の関係に響いてきますからね。

 

そこでベストのタイミングは

親戚であれば「代替わりをするとき」です。

 

会社関係であれば「退職したとき」

先生などの場合には「卒業したら」です。

 

今は会社や先生などは

お中元やお歳暮という形で贈り合うことは

ずいぶん少なくなってきてはいますが

贈ることがあれば

こうしたタイミングがやめ時です。

 

そうした付き合いに変化のある時期が

やめるのにはベストなタイミングです。

 

お中元やお歳暮と言った贈り物は

感謝の気持ちを表すための贈り物なので

一度贈ったら贈り続けるのがマナーですから

やめるときにはタイミングを逃さずにいましょう。

 

ちなみに仲人さんは

結婚したら三年をめどにお中元やお歳暮と言った形の

贈り物はやめても差し支えないので

その後も濃い付き合いが続いていくなどがなければ

やめて構わないものです。

お中元をやめるときのマナー

お中元やお歳暮は

一度贈ったら贈り続けることがマナーというお話を

先ほどしましたが

 

やめるにしても、いきなりやめるのではなく、

まずお中元をやめて、お歳暮のみにする、という形をとることも

一つの手です。

 

年に二回の季節の贈り物を

まずは一回に減らす、というほうが

よりハードルも低いですもんね。

 

実際に最近ではお中元を贈らず、

お歳暮のみ、

つまり一年の締めくくりに

日頃の感謝を伝える、という形をとることが多いんです。

 

なので、お中元をお歳暮だけにするほうが

まず感謝の形を断ち切ることはない、という意味でも

まずお歳暮だけにする。

 

それから次の年はお歳暮もやめる、とするのが

マナーとしてはよりスムーズです。

 

ただし、ここで大事なのが

必ず夫婦で相談をしてから

やめることは決めるようにしましょう。

 

そして自分の親戚関係は

自分が矢面に立って話すこと。

もちろん夫とも

そこは確認をしておいてください。

 

そうしないと

「あそこの家は嫁が勝手にやめたらしい」

「常識がなってない」など

親戚づきあいを円滑に出来なくなることも

出てきます。

 

実の親、親戚であれば、

こうした贈り物をやめたい、ということも言いやすいですもんね。

 

そうして考えを一致させて

やめる、という選択を取ることは

マナーとしてとても大切です。

お中元をやめたいときのやめ方についてのまとめ

お中元はお歳暮に比べたら

贈る人は少ないかもしれませんが

日頃の感謝も伝える、

立派な季節の贈り物です。

 

しかし、時とともにその付き合いも

確実に変化をしていくでしょう。

 

そうしたときに失礼のないように

お互いに納得をしていきながら

やめていくようにしていきたいですね。

スポンサーリンク


-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

入谷の朝顔市の開催時間。駐車場はあるのか、屋台は楽しめるかについて。

    夏になると 色々なところでお祭りが開催されますね。   東京では 多くのお祭りがあって 県外からもたくさんの人が訪れます。   お祭りを楽しむためには …

節分のヒイラギの飾り方。いつからいつまで飾る?イワシと飾る由来。

    節分と言えば、 豆まき、鬼、恵方巻き・・・・   近くの神社などでも 豆まきも行われているのではないでしょうか。   我が家の近くの神社も 節分の日は大 …

喪中はがきを市販にするときの書き方。手書きも添えてもいいか、薄墨にするかの解説

  寒さも厳しくなってくる時期。   年の瀬に向けた準備が始まっていきますね。   大掃除やお正月の準備もですが 大仕事の年賀状・・・・   今年、身内に不幸が …

お年玉は一人っ子だと損?兄弟ありと差をなくすべき?人数の差はどうする?

  新年が明けて、 親戚で集まった席・・・・   子供たちはメインイベントの お年玉にハイテンション!   そんな時期を過ぎ、 大人になり、 自分がお年玉を渡す側になった …

七五三の千歳飴を切るのはアリ?食べ方やアレンジをしておいしく食べる!

    七五三には千歳飴ですね。   幼稚園や保育園で 子供がもらってくるなんてこともあるでしょう。   しかし、この千歳飴・・・・ 食べにくいんですよね^^; …

自己紹介

名前:もも(90年代音楽が大好きな世代です)

子供三人、夫と五人家族です。

日々イライラばかりなので穏やかに過ごすことを目標にがんばって?います。

ここでは子持ち主婦ももが「こんなこと知りたかった」「これはどうなの?」と言った疑問をまとめていきます。

どうぞよろしくお願いします^^

 

ブログランキングに登録しています♪

読んだら「ヨイネ」していただけると
うれしいです♪


人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。