子持ち主婦お役立ち

子持ち主婦が生活のお役立ち情報をお伝えしています

季節の行事

夫のバレンタインのお返しはどうする?職場には?何がいいのか紹介。

投稿日:2017年11月21日 更新日:

 

好きな人に贈り物を渡す、

恋愛の一大イベントの

バレンタイン。

 

それなりに若い時や独身の時には

楽しんでいたイベントであったと思いますが

 

結婚をして、

夫がバレンタインにチョコレートなどを

もらってくると

ふと考える・・・・・

 

お返しはどうしたらいいのか?

明らかな義理のチョコレートでも

本命のようなチョコレートでも

妻の立場からしたら

「好きにしたら」

だけで流せるものでもないでしょう。

 

かといって、でしゃばるのも・・・・

と悩んでしまうかと思います。

 

今回は夫がバレンタインをもらってきたら、

そのお返しをホワイトデーにはどうするのか?を

まとめました。

 

うまくお返しをして、

家庭円満で、

人間関係も円滑にしていきたいですね。

スポンサーリンク

夫のバレンタインのお返しはどうする?

結婚をして改めて気が付くところも多いのですが

恋愛のイベントだったはずのバレンタインが

既婚者であっても参加する行事になっているところがあるのにも

驚く人もいるかと思います。

 

考えてみたら、

自分も独身の時に

「いつもありがとうございますー」

という感じで、

社交辞令的に渡していました^^;

 

人間関係が円滑にいくための

ひとつのイベント、という感じですね。

 

そこに「お返し」を意識したことは

まったくありませんでした。

 

しかし、妻の立場になってみると

やはりそこは夫がしっかりとお返しをすることで

不義理な人ではない、

という印象を持ってもらえて、

その結果、円滑な関係が築いていけるということも

わかりました。

 

とはいえ、特定の人と円滑に言ってもらっては

困ってしまうこともあるわけで、

 

それを解消するために

「妻と一緒に選んだんですよ」

という魔法の言葉を添えてもらうことで

家庭も円満にでき、

牽制も出来ます。

 

ホワイトデーに、

お返しについて毎年頭を悩ませてしまう・・・

というところから見方を変えて、

 

夫の人間関係のサポートも出来て、

かつ家庭も円満、余計な火種も作らずに済むチャンス、

と捉えて、

お返しを用意しましょう。

スポンサーリンク

夫のバレンタインで職場でのお返し

夫がバレンタインにもらってくる場面で

一番多いのはやはり職場ではないでしょうか。

 

職場の女性から、として

渡されることが多いようですね。

 

うちの主人も連名でいただいてきます。

 

そして会社の男性陣から、

という形で

ホワイトデーには、お金を集めて、

お返しをしています。

 

このように最近では

職場の女性一同から、と渡され、

男性一同から、と

一括でお返しをするパターンも増えてきています。

 

また、飲みニケーションとつながるところもありますが

こういった社交辞令的な付き合いは

負担になるからやめよう、と

義理チョコを禁止している職場もあります。

 

そうすると、妻としては楽なのですが

まだまだバレンタインの受け渡しや、

そのお返しを用意する、

というスタイルもあります。

 

そういったときには、

妻が用意をすることになるかと思いますが

(むしろ一緒に買いに行ったりしたほうが

家庭円満、今後のためにもいいでしょう)

 

そこでいただいたものに対して

個別にお返しを用意することはなく、

みんな同じものを用意しましょう。

 

たとえ、明らかに高額なものや手作りのものであっても

お返しに差はつけません。

 

そうすることで、

「みんな平等、みんな同僚」と

アピールすることができます。

 

こういった受け渡しは社交辞令なのですから

サラッと返すことが一番です。

夫のバレンタインのお返しは何はいいのか

お返しは一緒に選んだほうがいい、

渡すものは差をつけずに同じものを渡す、

というところまで来たら、

次は「何」を選べばいいのか?

ですね。

 

基本的にプレゼントではないので

消えものがいいでしょう。

 

ホワイトデーには特設コーナーも出来ますし、

市販のお菓子や

女性へですから紅茶などもいいですね。

 

仕事の合間にいただいてください、という形でもいいでしょう。

 

ハンカチやポーチなど

普段使いできるものも

お返しとしてありがたいように感じますが

 

好みもありますので

避けるようにしましょう。

 

口にするもの以外では

入浴剤なども

今はかわいくて、おしゃれなものがありますから

おすすめです。

夫がバレンタインをもらってきたときのお返しのまとめ

バレンタインという恋愛のイベントで

夫がチョコレートなどをもらって帰ってきたら

複雑な気持ちもあるかもしれませんが

 

夫の人間関係を円滑にし、

かつ家庭円満をアピールする機会でもあります。

 

失礼のないように、

スマートにお返しをしていきましょう。

 

ポイントは

「妻と選びました」です。

スポンサーリンク


-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

節分に子供に豆まきについて説明するとき。なぜするのか?豆について解説

    節分といえば、 2月の節分を思い浮かべるでしょうか?   年が明けると スーパーなどで 豆や鬼のお面、恵方巻きなどを 見かけますもんね。   子供が幼稚 …

父の日に食べ物をプレゼントしよう!おすすめや義父に贈るときには。

    父の日にプレゼントを贈ろう、と思っても 何にしようか 悩んでしまいますよね。   好きなものがわからなかったり、 喜んでもらえるかと 考えすぎると 余計に悩むもの …

鏡餅のカビを防ぐにはどうするか。食べられるのか、また処分をする方法。

  お正月にお飾りをするもののひとつの 鏡餅。   鏡餅はお正月に来る 年神様という神様の依り代となると 考えられています。   つまり神聖なもので お正月の間は 飾って …

子供のお年玉の使い道。管理はどうする?それとも貯金しておく?

  新年が明けて、 親戚の集まりに顔をだし、   おめでたいムードで 大人も気を遣いつつの 宴会ムード。   そんなとき子供たちは 久々に会える親戚や いつもとは違う雰囲 …

七夕の笹を枯らさないために、長持ちさせる、復活させるための簡単な方法

    七夕と言えば 笹に飾りをつけて 短冊を書いて・・・と 子供も楽しみにしていることでしょう。   しかし、幼稚園などでもらってくる笹は すぐにカサカサ、 葉はくるく …

自己紹介

名前:もも(90年代音楽が大好きな世代です)

子供三人、夫と五人家族です。

日々イライラばかりなので穏やかに過ごすことを目標にがんばって?います。

ここでは子持ち主婦ももが「こんなこと知りたかった」「これはどうなの?」と言った疑問をまとめていきます。

どうぞよろしくお願いします^^

 

ブログランキングに登録しています♪

読んだら「ヨイネ」していただけると
うれしいです♪


人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。