子持ち主婦お役立ち

子持ち主婦が生活のお役立ち情報をお伝えしています

季節の行事

母の日の花は花束と鉢植えのどちらがいいか。種類やほかのギフトについて。

投稿日:

 

 

母の日には

プレゼントを、と思っても

今はその贈り物も幅が広く、

 

物もあふれているし、

たくさん宣伝されているし、

何にしようか迷ってしまいますね。

 

そんなときでも

母の日には

「花」は定番ですね。

 

迷ったら、お花にしようかな・・・

 

と思っても

花にも種類はたくさんあるし、

そもそも切り花を花束にしたものがいいのか?

 

鉢植えがいいのか?

 

花のほかにも

何かプレゼントをしたほうがいいものか?

 

今回はこうした

母の日のお花のプレゼントについて

まとめました。

スポンサーリンク

母の日の花は花束と鉢植えのどちらがいいか。

母の日に贈る花は

「花束」か「鉢植え」の二つが

よく選ばれるものですね。

 

花束とは切り花です。

 

それぞれにいいところがあり、

母の日には

プレゼント用に華やかにラッピングされたものが

売られていますね。

 

だからこそ、どちらをプレゼントしたらいいか、

悩ましいですよね。

 

 

花束は

手軽で

もらう側も気負わずに受け取ることが出来ます。

 

お世話も花瓶に生けたり、

ドライフラワーにも出来、

お手入れの手間もあまりかかりません。

 

忙しい人やお花のお世話などが苦手な人には

花束がいいでしょう。

 

毎年同じものを贈ることもいいですし、

年によって花の種類や色を変えることも出来ます。

 

 

逆に

鉢植えは華やかでです。

 

花の種類によって

お手入れもかかりますが

お花が好きな人にとっては

とてもうれしい贈り物です。

 

ただ、場所を取るので

毎年同じものを送り続けることは難しいですね。

 

母がお花の好きな祖母に

毎年鉢植えのお花を贈っていて

とても喜ばれていたのですが

 

高齢になり、お世話が大変、と言われ

花束に変えていました。

 

いくつになってもお花をもらうことはうれしいと

喜ばれています。

 

 

こうした年齢や相手の環境によって

花を贈るひとつとっても

バリエーションをつけるといいですね。

 

お花屋さんなどでは

予算に合わせて花束を作ってもらうことも出来ますし、

そこから全国配送をしているところもありますので

 

花束も鉢植えも

悩んだら専門家である花屋さんに

相談してみるのもいいですよ。

 

ちなみに母の日のプレゼントの相場については

こちらでくわしくお話しています。

母の日のプレゼントの相場。宅配でもいい?渡し方について。

母の日の花の種類。

母の日の定番の花と言えば

カーネーションです。

 

特に赤いカーネーションは

母の日の花、というイメージが

広く知られていますね。

 

カーネーションを贈れば

間違いはないでしょうが

他にも最近では様々な花が

母の日仕様に売られています。

 

スズランなどもかわいらしくて人気ですし、

胡蝶蘭は手入れは少し大変ではありますが

やはり華やかで人気があります。

 

また季節では

アジサイが人気です。

 

お手入れも手軽で

見た目も華やかなので

プレゼントにはぴったりですね。

 

バラも鉢植えでもミニバラなどが売られていますし、

お花のお世話が好きな人には

喜ばれます。

 

花は種類が豊富ですし、

迷った時には

花言葉などから選んでみることもいいでしょう。

 

花の種類だけではなく、

色によっても色々とあるんですよ。

 

 

たとえばカーネーションは

共通の花言葉は「感動」や「純粋な愛」。

 

赤だと「母の愛」。

 

まさに母の日にピッタリな花言葉ですね。

 

ピンクだと「感謝」。

 

伝えたい気持ちこめて

選ぶとより楽しめますね。

 

ただ、黄色は

見た目は元気でかわいらしいのですが

花言葉は「軽蔑」。

 

こっそり義母に送りました、

なんてエピソードもちらほら耳にしますが・・・^^;

 

義母は息子が選んだものであれば

うれしいものです。

母の日のプレゼントは何がいい?遠方の場合の工夫や義母にはどうする?

 

 

もちろん、花言葉にとらわれることなく、

子供が選んでくれたもの、というものは

母はうれしいものですし、

あまり気負わずに行きましょう^^

母の日に花のほかにギフトを贈るか。

母の日に花を贈るというだけでも

十分なプレゼントになりますが

 

花にプラスして

ギフトを贈ることも

日頃の感謝を伝えるという意味で

選ぶ人が多いです。

 

最近では花+ギフトという

セットまで販売されています。

 

よく選ばれるのは

「花+スイーツ」のセットです。

 

母親の好みにもよりますが

食べ物は残るものでもないので

 

場所も取らず、

普段食べないようなもの、

自分のためには買わないかな、と思うような

ちょっと高級なものを選ぶと喜ばれますね。

 

わたしは毎年母に花とスイーツのセットを贈っているのですが

自分のためにお取り寄せまではしないけれども

和菓子が好きだから

毎年の楽しみになっていてうれしいと喜ばれています。

 

このように

「毎年の楽しみ」になると

母の日のプレゼント選びに

毎年悩むこともなくなり、

気持ちよく贈ることも出来るのでいいですよ。

 

他にも

季節柄スカーフや日傘なども喜ばれます。

 

5月と言えば、

ちょうど日差しが強くなっていく季節ですもんね。

 

他にも洋菓子やお茶のセットなど

花+のギフトでも

相場の範囲で売られていますので

検討してみることもいいですね。

母の日に贈る花についてのまとめ

母の日の定番は花。

 

カーネーションは

もはや母の花、というくらいに

有名ですね。

 

母親はいくつになっても女性ですし、

やはりお花を贈られることは

うれしいでしょうから

 

母の好みなどを確認して

日頃の感謝の気持ちをこめて

贈ってみるのもいいですね。

スポンサーリンク


-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

母の日のプレゼントをやめたい。義母へと父の日をやめるには。

    母の日と言えば 毎年プレゼントに悩んで アレコレ思案するものです。   早割があったり、 遅れてごめんねギフトもあるので   意外とみんなきちんと贈って …

お歳暮の喪中のときのマナー。親戚にはどうする?時期は?

  お歳暮を贈る時期になると   贈るものは何にしようか? 贈るあの人、 あのご家族はどうしているかな・・・? など考えますね。   そうしたときに 「あ!今年あの人は喪 …

お中元を出し忘れたらどうする?時期や渡し方で失礼のないように。

    お中元を贈る頃って 夏に入る前で   夏に向けての準備やら 子供がいたら 夏休みの計画などで 慌ただしいんですよね。   そして気が付いたら お中元を贈 …

喪中はがきを市販にするときの書き方。手書きも添えてもいいか、薄墨にするかの解説

  寒さも厳しくなってくる時期。   年の瀬に向けた準備が始まっていきますね。   大掃除やお正月の準備もですが 大仕事の年賀状・・・・   今年、身内に不幸が …

浅草の七夕祭りの開催時間。駐車場や屋台情報を知って楽しもう♪

    七夕が近づくと 色々な場所で 「七夕祭り」が行われます。   東京では 下町の浅草から上野までの通り、 かっぱ橋本通りで 下町七夕祭りが行われます。   …

自己紹介

名前:もも(90年代音楽が大好きな世代です)

子供三人、夫と五人家族です。

日々イライラばかりなので穏やかに過ごすことを目標にがんばって?います。

ここでは子持ち主婦ももが「こんなこと知りたかった」「これはどうなの?」と言った疑問をまとめていきます。

どうぞよろしくお願いします^^

 

ブログランキングに登録しています♪

読んだら「ヨイネ」していただけると
うれしいです♪


人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。